×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

活動資金援助の願いと会計

 2011年6月より今日まで「東大三四郎会復興支援ファンド」より500万円の活動資金の援助を頂いております。
この活動資金は、大学生の被災地ボランティアを支援したいという、社会人の皆さま一人ひとりの寄付によって成り立っています。

 東京で日常生活を送りながらも、被災地ボランティアを継続的にしていきたいという大学生は、現在でも決して少なくありませんが、 東北に行くためには交通費の負担が非常に大きく、中々行動に移せないというのが大半の学生の現状です。

 そこで当団体では、皆さまから頂いた寄付を主に、大学生を現地まで運ぶバス代に充てさせて頂いております。
この結果、大学生は自己負担額一律1000円でボランティアとして現地に赴く事が可能になり、6月以降も参加者が途切れることなく活動が続いて参りました。

 40名のボランティアが現地で8時間の労働を行うのに、バスの運行費用は平均17万円となっており、毎週の参加者数が確保されるのであれば、比較的コストパフォーマンスの高い寄付である事は保証できるはずです。

 もちろん私たち大学生は、あくまでも被災地で必要とされる人手という役割が大前提にあり、 被災地ボランティアの意義や作業内容に関しては、(別ページにて)定期的な報告と説明をしておりますのでご参照ください。

 東大復興エイドは、2012年も引き続き、被災地への人手の供給という重要な使命を担っていく予定です。
ぜひ皆さまの御支援・御協力を頂けると幸いです。

 寄付の方法に関しましては、信頼資本財団様のHPより詳細を確認して頂けると幸いです。
http://www.shinrai.or.jp/fukkou-shien/sanshirou/index.html

 御検討何卒宜しくお願い致します。